エアコンと扇風機の電気代比較

エアコン/扇風機=14倍!

úW,g扇風機は昔からある冷房器具ですが、本当に暑い日はヌルい風になってしまうので、ついエアコンのスイッチに手が伸びてしまいます。
しかし、少し暑い程度だと、扇風機でも十分に快適に過ごせます。何より電気代が安いので最近では扇風機も見直されています。

ということで、どれぐらい安いのか扇風機の電気代を計算してみました。
扇風機の消費電力ですが、アマゾンなどで扇風機のスペックを見比べると、大体35W程度でした。これは弱・中・強の強の場合ですが、凄く暑い日を想定して35Wで計算します。

1時間使うと…
1h×35W×0.027円/Wh=0.945円

1日中つけっぱなしにすると…
24h×35W×0.027円/Wh=22.7円

1ヶ月間つけっぱなしにすると…
31×24h×35W×0.027円/Wh=703円

なお、ワンルームマンションタイプのエアコンを1ヶ月間つけっぱなしにすると…
31×24h×505W×0.027円/Wh=10,144円
なので、扇風機の電気料金はエアコンの7%程度になります。
言い換えれば、エアコンのほうが14倍も高いことになり、この差は大きいと思います。

夏場の省エネ・電気代節約には扇風機の活用が鍵となります。少し暑いぐらいではエアコンではなく扇風機を使用したいですね。

注:最新式の東芝の扇風機では風力最大でも20W、最小だと1.5Wという、かなり省エネタイプの製品があります。状況次第では扇風機の電気代ほうが100倍安いこともあり得ます。


サブコンテンツ

このページの先頭へ